猫を抱いて象と泳ぐ

さよなら、アリョーヒン。
読み終えた私は、そう声に出していたかもしれない。

 

IMG_2432.jpg


深い群青のような、あるいは眩しく冴える白の中に仕掛けられた

い糸を道しるべに読み始め、そこから伝わる震えが徐々に大きくなり揺さぶられる。

 

マスターが死んでいくとき、私はすでに物語の中にいた。

アリョーヒンに私の姿は見えなかったろうが私もマスターの不憫に心裂けていた。

リョーヒンは閉ざされた中で生き少年のまま老成した。

それがアリョーヒンの幸せを得る処方箋だった。

 

IMG_2431.jpg

 

静かに、静かに物語は進み気がつくと充満している。

猫を抱いて象と泳ぐの中にいる。
私もチェスの海を泳いでいる。棋譜に沿って奏でられる音楽が聞こえる。

緊迫してそして穏やかだ。


猫と象と、そして鳩。

本を閉じてテーブルの冷めたお茶と少し陰った外の風景を確認してため息をついた。

それは嫌なそれではない。甘く優しい余韻の残るものだ。美しい本に会えてよかった。

さよなら、アリョーヒン。

 

IMG_2611.jpg

 

ねぇねの どくしょかんそうぶんでし。

 

きのうは午後4時すぎにふわふわ大きな雪が降り出しましたが

積もることはありませんでした。やれやれ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| マイフェイバリット | 07:48 | comments(8) | - |

涙のガリレオフィガロ

先週末の充実 その2、観てきましたの。

ボヘミアンラプソディ

 

スクリーンショット 2018-11-20 8.18.24.png

 

途中からきっぱなし。

嗚咽になったらどーしよ…ってくらい。

 

もともとすきなひとではあるけど、

ずっとまえからすごくすきだったような気がしてきたりして(笑)

 

カナシイ とか サミシイ とか、いろんな色味のブルーがあるけど

なんてったって「せつない」ってゆうのが揺れるのです。アタシの場合。

「せつない」を感知する涙の貯蔵量が ほかのより多い気がするんですよ。

ちなみに、クヤシイには一滴もなし。

 

クイーンの軌跡、長い映画だけど1分も退屈しません。

えたわー。 

 

 

IMG_1638.jpg

 

KALDI ダックワーズも クリスマス仕様です。

この週末、ツリーを出しました。

 

すっかり寒くなりました。

風邪などひかれませんように。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| マイフェイバリット | 09:42 | comments(10) | - |

イザベルの朝

セラスーが好き、そしてこのひとも好き↓

ZAZ 本名イザベル



来日してるとかで朝の番組に生出演して歌ってました。


コメントにお返事しようと思ったらできない…。

JUGEM不具合だわー(泣)

2334.jpg

ちょっと前に食べたハーゲンダッツの

「アントワネット」

2333.jpg

赤ワイン仕立てよー。金粉ゴージャス仕様なりー。

2332.jpg


テンションあがってピントもあまい。


ちょっと風邪気味。

用心用心!

| マイフェイバリット | 16:10 | comments(0) | - |

邂逅(かいこう)の森

長編というのもあってなかなか気が乗らず
読まないまま図書館に返却したものの、やっぱり諦めきれずに


「邂逅の森」

8820.jpg

ほんの最初だけちょっと辛抱して読み進めば、
あとは怒涛の展開に読まずにはいられなくなります。
久しぶりの一気読みでした。

どっぷり入り込んで読み終わり しばらく放心、

ずっしりとした読み応え、圧倒されました。

シンジの薦めがなかったら
自分では手に取らない本だと思うので、読んでよかったー。


いつも応援ありがとうございます(ノД`)・゜・。

ポチっとお願いします。
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ 

鎌倉情報ランキング


 

| マイフェイバリット | 23:59 | comments(0) | - |

セラスーの午後

お正月休み明けから腰の痛みが再発して 1週間ちょっとたちますが、

今日は少し楽でした。

このまま治まってくれるといいなぁ…。



寒くても海はキラキラ。

でもお部屋で大好きな Selah Sue 聞いて過ごします。


そんなアタシに今日もスタバから無料チケットのプレゼントが届きましたよ。


いつも読んでくれてアリガトです。

応援してくださーい(ノД`)・゜・。

ポチっとお願いします。
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ 

鎌倉情報ランキング

| マイフェイバリット | 20:09 | comments(1) | - |

波音と KAWAMURA BAND

うちのリビングはBGMが波の音なんだけど、
これからの季節 聞こえてくるのは、
波の音とR134の車の音に混じって
海岸にある由比ヶ浜監視所からのアナウンスです。
そして子供たちが夏休みに入ると「迷子のお知らせ」
が頻繁に流れるようになります。


最近知った KAWAMURA BAND

桑田さんはプラチナチケットだから
カワムラ社長でもいっか、なんて思っちゃうー!!




ボーカルの方、福岡市のカワムラ家具ってとこの社長さんなんだって。


今日は風が通ってお部屋の中は快適、かと思ったら
凛こは どろどろのぐだぐだ…。

5876.jpg

アタシは 毎年夏だけサロンでやってもらってるネイルを
自分でやってみたりして。

5877.jpg

穏やかな夏の午後。

アタシの自慢は
アタシのブログを読んでくれてる人たちの優しさ、
いつも応援ありがとうございます。

「鎌倉情報」が集まる
ランキングに参加しています。
応援してくださーい(ノД`)・゜・。
よろしければポチっとお願いします。
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ 
鎌倉情報ランキング

| マイフェイバリット | 22:34 | comments(2) | - |

冬ごもり


先日、この本の翻訳をされた方と
少しだけお話する機会があり、読みたくなって購入。

すでに読んだというドクターは 絶賛。

寒くなりそな今週末、お家に こもって、
あまいもの食べて あったかいもの飲みながら 読みましょ。

| マイフェイバリット | 20:40 | comments(0) | - |

ベストなフィクション

BEST FICTION(DVD付)
BEST FICTION(DVD付)
安室奈美恵

ここんとこ話題の安室奈美恵ちゃん
ワタシのBGMも 「BEST FICTION」

仕事をしないで家にいると、なにもしなくても痩せるワタクシ、
こうも べったり在宅が長かったため、
ここ何年か続いた2〜3キロオーバーの壁も難なくクリアで、
ベスト体重に戻ったわけですが、、、
彼女を見てると、おいおい、目標は高く掲げなきゃね、と
自分に厳しくならざるを得ない土曜日深夜、なのです。
| マイフェイバリット | 01:22 | comments(0) | - |

錬金術師

アルケミスト―夢を旅した少年
アルケミスト―夢を旅した少年
パウロ コエーリョ

相方が図書館から借りてきた6冊のうちの1冊、
ブラジルの人気作家、パウロ・コエーリョの「エル・アルケミスタ」の日本語訳。

『大いなる魂』は人々の幸せによってはぐくまれる、
前兆の語る言葉を忘れてはいけない、、、もう おもしろくておもしろくて。
シンプルでいて深いですよ。
| マイフェイバリット | 14:29 | comments(2) | - |

マジカル・ミステリー・ワゴン

流星ワゴン
流星ワゴン
重松 清

おトモダチから借りた重松 清、
刊行当初から読みたいと思いながら、気になっていた『流星ワゴン』
号泣です、嗚咽です。

荒唐無稽なファンタジーであるにもかかわらず、浮世離れした感じじゃないの。
キレイな涙を流したい人、お勧めですよ。(新刊でもないのに今さら?笑)

子供時代は乱読の文学少女だった私ですが、
すっかり活字から遠のいている昨今。

こうして、いい本に恵まれると俄然、読みたくなります。
これも、読まなくっちゃと思ってたディープリバー。

深い河
深い河
遠藤 周作

残りの人生で、あと何冊読めるダロ、(おいおい、悲しい話になってきたよ)
遅ればせながら、今年の目標!
読みたい本は、ためずに読む。

好きな本を読んで、好きな音楽を聞いて、好きな映画を観て(最低月に1本は
観てたのに、これまた最近遠のいてるの)
錆びないようにしたいものです。


| マイフェイバリット | 23:10 | comments(0) | - |
Serch this site
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>
Profile
profilephoto

New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recommend
Recommend
小説サムライ モーツァルトとマイケル・ジャクソン
小説サムライ モーツァルトとマイケル・ジャクソン (JUGEMレビュー »)
水沢美架
文筆家おトモダチの小説デビュー作です。
独特な世界観に圧倒されます。
Recommend
Recommend
Feedlyに登録!
follow us in feedly
シンジのつぶやき
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM