<< 限定の引力 | main | 春を待たずに >>

クジャクじゃくじゃく

を思わせる日曜日、
起き上がるのに30分かかるだけなのー、
起きちゃえば ゆーっくりなら歩けるのー、

ってことでお昼過ぎにお散歩。

IMG_7735 のコピー.JPG

由比ヶ浜から坂ノ下へ。
隣り合う海岸ですが、坂ノ下は漁師さんの船が並ぶ日常がある海です。

ただただ ゆーっくり
を歩いて
海はいーよねー、って呪文のように繰り返します。

IMG_7728 のコピー.JPG

で、
孔雀! クジャク!! 金網に張り付いて クジャク撮影。

IMG_7742 のコピー.JPG

クジャクの裏っ側の羽の付け根に ふわっふわの綿毛が生えてるの知ってましたぁ?

IMG_7748 のコピー.JPG

こんなにクジャク凝視したの初めてです。

IMG_7746 のコピー.JPG

このクジャクがいるのは、
梅が見頃ということで伺ったご近所、
光則寺です。

たまに奇妙な声で鳴いてたりしますが、孔雀舎を覗いてみたらば
サービス満点、羽を広げてカメラ目線で撮影に応じてくれましたよ。

IMG_7737 のコピー.JPG

こちらの梅は種類が豊富なので、それぞれの見頃があって
長く楽しめます。

IMG_7738 のコピー.JPG

樹齢200年とかの古木の蕾も開いていました。

目と鼻の先で、とろとろ波間を歩いたり、
春告げの花を愛でたり、クジャクまで楽しめるのはいいことです。

そうこうしてたらチリチリ痛みが酷くなったので撤収。


欲張らずに春の
しみ方、みつけます。











 
| 鎌倉物語 | 11:11 | comments(6) | - |
Comment
孔雀の羽根って
裏表同じだと思ってました(恥)
面白いだけじゃなく
お勉強になるブログだなぁー &#2919;&#8333; &#9825;&#8226;&#8323;&#8226;&#9825;&#8334;&#2920;

オセチ オセチ! オセチの写真送らなきゃ&#9695;&#829;&#9694;&#829; &#3864;*
2016/02/23 5:55 PM, from ぴぐもん
凛ははさん、こんばんは

孔雀が羽根広げているの見たことって
うん十年生きてきて1回しかないかも&#8265;
なんだかいいことありそうですね&#8252;

貴重な写真ありがとーございます♪
2016/02/23 9:30 PM, from みっちょん
光則寺、いいですよね。花がたくさんあるし。ロウバイの次は白梅・紅梅で、やがてカイドウ。そしてヤマアジサイのシーズンへ。楽しみです。
先代の孔雀が亡くなって金網の中が空なのを見たときは悲しかったけれど、次の孔雀が登場したときはびっくりしました。上部の金網の過ぎましたから入ったのか、スズメが孔雀と一緒に餌をついばんでいる光景を見たときは、微笑ましい光景だなと思いました。
本当はいけないのかもしれないけど…金網周辺にある雑草をむしって、金網越しに差し出すと、孔雀くんがパクパク食べてくれるの、知ってましたか?
お体、養生なさってください。今日も素敵な写真ありがとうございます。
2016/02/24 7:58 AM, from しのやん
【ぴぐもんちゃん】
裏表どうなってるかなんて考えたこともなかったよー。
あんなに至近距離でクジャク見続けたの
初めて!!
2016/02/24 8:52 AM, from 凛はは
【みっちょんさん】
おおむかし、インドに行ったときに
道端で羽を広げる野生のクジャクを見たことがありますが (わりとフツーの光景)、
それ以外、アタシもそんなに見たことない気がするー。
なんだかわかんないけど、ラッキーあるといいですよね!
2016/02/24 9:00 AM, from 凛はは
【しのやんさん】
アタシも光則寺すきです。
派手さはないけど途切れなくお花が楽しめますよね。
あのコ、クースケっていうらしいんですけど、
バサバサーって下りてきたかと思ったら、ずーっと羽を広げてウォーキングしてくれて、
結構ナルシストと思われます。
撮影のご褒美にエサの販売があればいいのにと思っていたんですよ。
その、こっそり金網越し、やってみよっかな!
ナイスな情報(笑) ありがとうございます!!
2016/02/24 9:15 AM, from 凛はは









Serch this site
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
Profile
profilephoto

New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recommend
Recommend
小説サムライ モーツァルトとマイケル・ジャクソン
小説サムライ モーツァルトとマイケル・ジャクソン (JUGEMレビュー »)
水沢美架
文筆家おトモダチの小説デビュー作です。
独特な世界観に圧倒されます。
Recommend
Recommend
Feedlyに登録!
follow us in feedly
シンジのつぶやき
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM