<< 季節の色 | main | ちよこれえと >>

ミケランジェロの朝

土曜日の朝、5時半の由比ヶ浜に浮かぶ雲は

なーんだか宗教画みたい。

 

IMG_1872 のコピー 2.JPG

 

肉眼では↑もっと荘厳な感じでした。

でも朝が過ぎると↓こーんなテイストのお気楽な景色になります。

 

IMG_1890 のコピー.JPG

 

先週木曜日に鎌倉駅連絡通路の脇にオープンした

チョコレート屋さん『ダンデライオン』

都内・蔵前にあるお店の3号店だそうです。

 

IMG_1899 のコピー.JPG

 

チョコレートバーなる板チョコは1200円というお値段(税別)

すでに2階のお席は mac 持ち込みスタイルのお客さんが

いらっしゃったようです。

 

前の衣料品屋さんが閉店したあと、何ができるんだろと思ってましたが

駅東口と西口を繋ぐここ連絡通路の向かいには

大きな桜の木があって毎年はらはら花びらが舞う場所なので、

この春、2階のお席でホットチョコレート飲みながら

さくら、ってのが素敵かもしれません。

 

IMG_1903 のコピー.JPG

 

裏駅JR線路沿いに移転したオステリアジョイアのあとに

知らない間にフレンチレストランがオープンしてました!

 

IMG_1905 のコピー.JPG

 

『ラ・コクシネル』

リーズナブルな価格設定のようです。

 

IMG_1910 のコピー.JPG

 

海岸にワカメを干す景色が見られるようになると

春が近づいてるなーってうれしくなります。

 

海岸のワカメはの合図。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 独り言 | 11:39 | comments(4) | - |
Comment
春よこい。と思わず今日も祈る私
しかし
鎌倉は、新しいお店がジャンジャン出来るね
しかも、オシャレさんな。
行きたいとこリストをブラッシュアップさせるに大変だよ…。
と思いつつ
いつも、定番なとこに行ったりする(笑)


一緒にうつろいゆく季節を感じ取れる。
次の季節を楽しみに出来る
凛ははと共に生きる今がほんとに愛しいよ。
遠い場所でも同じ気持ちのはずと勝手に思う。
遠州のからっ風に吹かれそんな事を思う午後。
2017/02/13 3:26 PM, from あき
【あきちゃん】
今夜はまた冷えるみたいだけど、
明日からは春が2〜3日続くみたいね。
新規オープン店はねぇ、
ここはそんなに長くないなぁ、なとこもあるけどね(笑)。
おトモダチがお店出すときにびっくりしてたんだけど、
鎌倉はミッドタウンより賃料高いって!
だから大手ばっかりオープンするんだろうけど、
そーゆうの全然つまんないの。
あきちゃんは
新しい季節に新しいことを始めようとしてるのかなー。
アタシもおんなじ、静かに春を待ってるよー。
そしてちょっとだけあきちゃんのこと心配してる(笑)。
2017/02/14 11:33 AM, from 凛はは
ジョイアのあとにフレンチがオープンしてたなんて!
・・・まあ、ここ最近の鎌倉は全く知らないことばかりですけど。
リーズナブルという素敵な響きが気になります。
誰か、味を確かめに行ってくれないかな。
美味しいかどうか分からないから、凜ははさんは行っちゃだめですよ。
絶対、行かないで!
絶対、絶対、行かないで!!

( ̄ー ̄)ニヤリ
2017/02/14 1:05 PM, from たいたい
【たいたいさん】
アミューズからスープ・メイン・デザート、
お茶にお茶菓子までのランチコースが
税込1980円ですって!
でもぉ、そこまで たいたいさんが言うのなら、、、
行かないですー。
ぷぷ。
去年夏の終わりにオープンした「フレンチカジュアル」が
同じような価格帯でそれに惹かれて行ってみたらば
残念だった記憶がまざまざと蘇り素通りしました。
庶民のくせに安いフレンチに用心深くなりました(笑)。
本編で書けないことも多いです(笑)。
あ、ここが美味しいか否か、まったく知りませんからねー。
2017/02/15 9:23 PM, from 凛はは









Serch this site
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
Profile
profilephoto

New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recommend
小説サムライ モーツァルトとマイケル・ジャクソン
小説サムライ モーツァルトとマイケル・ジャクソン (JUGEMレビュー »)
水沢美架
文筆家おトモダチの小説デビュー作です。
独特な世界観に圧倒されます。
Recommend
Recommend
Feedlyに登録!
follow us in feedly
シンジのつぶやき
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM