<< サンキュ3月7日 | main | 材木座じかん >>

りんごとバラ

おトモダチからの贈りもの

アップル&ローゼスタルト

 

IMG_2223 のコピー.JPG

 

冷凍で届いたそれを見てそりゃびっくり!

わぉ!! バラ! まんまバラだよー。

アタシ、ひとりのうちの中で ほんとに声出したからね。

 

IMG_2225 1 のコピー.JPG

 

長野県安曇野市の『アップル&ローゼス』というお菓子屋さんです。

6時間 冷蔵解凍してからいただきます。がっついちゃダメ。

カワイイね と オイシイね を交互につぶやきながらいただきました。

 

きのうの夕方、

由比ヶ浜の海岸には いつものトランペッター。

波からあがってくるサーファーや 海辺をデートのカップルや、

暮れていくお日さまや 静かな波音。

海は寛大だよねー、などと

凛こ相手に話しながらお散歩しています。

 

 

今朝、ドアを開けた途端

お誕生日オメデトー! って おトモダチがプレゼントを届けてくれました。

いつものようにかわいいカードも添えられています。

 

 

で、アタシの痛みを気遣って

凛こをお散歩に連れて行ってくれました。

 

アタシを取り巻くひとたちサイコーです。

 

アタシ、ここ数年 アリガトウばっかり言ってる気がする。

病気で背中は曲がっても シアワセばっかり感じてます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 独り言 | 22:04 | comments(6) | - |
Comment
バラのタルトすごーい!
箱あけてそのタルトが出てきたら
うれしい驚きですよね。
声出ちゃうのわかります。
カードもかわいい。

ブログから凛ははさんのお人柄が伝わってくるけど、まわりの方も素敵ですね
2017/03/11 9:05 AM, from みっちょん
素敵!
IGで拝見して気になっていました。
本当に素敵な贈り物ですね。
温かいキモチと良いセンス、
こんな贈り物ができる人になりたいです。
2017/03/12 7:57 AM, from かまくら大好き
【みっちょんさん】
すごいでしょー!
お、おぉぉぉ、ってなるよね。
ピンポーン、って突然お祝いに来てくれるおトモダチも
素敵でしょ。
ほんと、ひとに恵まれてるんですよ、アタシ。
2017/03/13 8:05 AM, from 凛はは
【かまくら大好きさん】
実物はもっとバラ! なんですよー。
エレガントでドラマチックな贈りものですよね。
アタシを思ったり気にしてくれている、その時間が
なによりうれしくて感激です。
愛がいっぱいですー。
2017/03/13 8:18 AM, from 凛はは
安曇野にそんな店ができたんですね。目でも舌でも楽しめる品、開けたときの喜ぶ顔を、お友達も想像しているでしょう。
このお店、安曇野アートヒルズの近くにあるようです。あのあたり、ハーブ園があったり、美味しい蕎麦屋があったり、ワイナリーがあったり、農産物直売所があったり、いいところです。ふき味噌で食べる蕎麦とか、甘く浸けた梅(これは私の小さい頃からの好物です)を売っていたりとか。
広域農道が観光用道路としても整備され、北信地方から中信地方にかけて、白馬、大町、安曇野を通り抜けていく道、そして中信から南信にかけて、伊那、駒ヶ根、飯田へと通り抜けていく道は、遠くの山々を見ながら、水田、蕎麦畑、リンゴや梨、桃などの農園を抜ける絶景のドライブを楽しむことができます。そういった道沿いに、このようなお菓子を扱う店や、寒天を扱う工場と観光店、森の中の養命酒の研究施設などもあり、長野県出身である私としては自慢の一帯ですね。
そういえば、先日誕生日をお迎えになったとのこと、おめでとうございます。次の誕生日までまた良い一年を過ごされること、お祈りします。
ブリキのオモチャ博物館で有名な北原さんは、自身の誕生日は、自分の親への感謝を伝える日だ、と講演でおっしゃっていました。なるほどなあ、と思いました。
2017/03/14 12:26 AM, from しのやん
【しのやんさん】
ずいぶんむかしに安曇野は行ったことがありますが、
あまりに遠い記憶です。
なんだかいろんな楽しみ方ができそうで豊かな場所のようですね。
白馬はスキーで、大町はキャンプで行ったことがあります。
しのやんさんの長野案内は鮮やかに情景が浮かびます。
行きたくなっちゃいますよ。
お誕生日のお祝いをありがとうございます。
母からは朝いちばんのメールでおめでとう、
続いて7日に届くようにカードとお祝いが届きます。
7日の4時4分に生まれてきて、と何度も聞かされています。
アタシの人生は母の母親としての歴史でもあるので
アタシの誕生日も愛おしいものであるようです。
そんな感じで、甘えっぱなしの娘です。
2017/03/14 10:38 AM, from 凛はは









Serch this site
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
Profile
profilephoto

New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recommend
小説サムライ モーツァルトとマイケル・ジャクソン
小説サムライ モーツァルトとマイケル・ジャクソン (JUGEMレビュー »)
水沢美架
文筆家おトモダチの小説デビュー作です。
独特な世界観に圧倒されます。
Recommend
Recommend
Feedlyに登録!
follow us in feedly
シンジのつぶやき
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM