<< 雨にシャネルの独り言 | main | Mahalo >>

けんかをやめて

おはよー

 

IMG_5846 のコピー.JPG

 

ひっさしぶりのい空と海!

 

IMG_5847 のコピー.JPG

 

ふぅー、それだけでシアワセ

 

IMG_5848 のコピー.JPG

 

今日は 18日観音会だもの、今月も行きましょ 長谷寺。

 

IMG_5840 のコピー.JPG

 

朝8時過ぎに伺う長谷寺は、観光の方もほぼいなくて静か、心落ち着きます。

 

IMG_5841 のコピー.JPG

 

長谷寺には「経蔵」という一切経を収める建物があって、

その中の「輪蔵」と呼ばれる回転式の書架を一回転させると

すべてのお経を読んだのと同じ功徳があるといわれています。

「輪蔵」保護のため回転させてもらえるのは

観音様のご縁日、18日だけなのです。

 

輪蔵をぐるぐるごろごろしたら、

見晴台で ぽーーーっ、が決まり。

 

IMG_5842 のコピー.JPG

 

お参りを済ませて9時を回る頃には 小学生の団体や観光客のみなさんが

んどん入山してきます。ろ帰ろ。

 

IMG_5844 のコピー.JPG

 

海に出る前に、御霊神社にも お参りしましょ。

アタシのすきな 朝の過ごし方です。

 

けんかをやめて

 

っていっても、あの竹内まりやさんの歌詞のように

アタシをめぐって2人の男子がっているわけではありませぬ。

 

IMG_5843 のコピー.JPG

 

今朝、今日は長谷寺にお参りしてくる、って言ったら

「けんかしないようにね」って言われました(笑)

 

先月、シンジと一緒に輪蔵を回しに行ったとき、

先にいたグループの方たちがどっち向きに回すんだか

わからず戸惑いつつ逆方向に回そうとしたので、

こっち回りですよ、教えて差し上げたら

えー? でもー? 云々 素直に聞いていただけなくて、

ちょっとムキになったのアタシ(笑)

 

ひとの話を受け入れられない頑ななひとには

関わらなくていいから、ってシンジにめられたのでした(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 鎌倉物語 | 13:19 | comments(10) | - |
Comment
二人を止めてぇー♪

……じゃないんだ(笑)

そっか、前回の輪蔵の際に、そんなことがあったんですね。

せっかく教えてあげたのに、素直じゃない人もいるんですね。
そうそう、そういう残念な輩には、功徳とかご利益とかなくていいです。

凛ははさんが嫌な思いをしないように、心配してるのね。
シンジさん、優しいね。

爽やかブルーの写真、気持ちいいですね。
茨城は時折吹く風が強くて、停めた車の中にいると
「地震か!?」と思うほど揺れてます(笑)。
2017/10/18 1:43 PM, from さとりん
 凛ははさん、こんにちワン!
いつも楽しく読ませていただいています。

 今日の海&空の写真、とってもすがすがしく感じ、長雨でげんなりしていた気持ちがいっきに晴れました!!
素敵な写真を見せていただき、ありがとうです。

 それにしても、長谷寺の素直じゃない方々にはビックリぽんですよ。
人間、素直が一番っ!
正しいことを教えてくれる人がいたら、感謝しないとねぇ。

 それにしても、シンジさんの優しさ、かっこよさ、にはいつも感動です。
凛ははさんへの愛は強し!ですね。
うらやましいィ〜〜〜

 しばらく鎌倉に行っていないので、今日の写真を見たら、行きたくてウズウズしちゃっています。

 これから寒くなるから、凛ははさん、くれぐれもお大事にしてくださいね。

 
2017/10/18 2:35 PM, from ちひろ
ひっさびさの太陽。
それだけで幸せ感じますねぇ。
でも、こちら、また今さっきから雨が落ちてきたよ…。
キラキラの海に
シンジさんの優しさに
眩しいなぁ。
そして、一つ前にちょっと登場してウレシイ私。
気持ちにゆとりもって
毎日過ごしたいなぁって、ここに来る度おもうよー
2017/10/18 5:37 PM, from あき
ひどーーい!
人の親切を無にする人には功徳もないよっ
シンジさんが色んな気持ちを受け止めてくれるから凛ははさんは本当に幸せ〜(≧∇≦)
凛ははさん、よかったねぇ(T_T)

輪蔵って真ん中にある大きな筒みたいなの?
私はタイミング的に周りにいっぱいある小さいのしか回したことないんです。
いつか大きなのを!!

今日の鎌倉の海は久しぶりに綺麗だったろうなーいいなー!
また雨ですね!
体調を崩さないように頑張りましょう!
2017/10/18 10:30 PM, from ミキティ
晴れ間が覗いたのもほんのつかのま。なんで
晴れてくれないの、と天を見上げて言いたく
なります。
おまけに、10月と思えない寒さ。道の隅にで
きた水溜まりに雨粒が何度も作る波紋と、雨で
濡れてしまった革靴を見ながら、この寒さに
あなたが怖れを感じてなければいいのだけど、
と思います。
Selah Sue、聞いてみました。印象的な声とギ
ターの音。私はあまり聞かないタイプかもしれ
ませんが、癖になる声とも思えます。彼女のこ
と、過去のブログで触れていらっしゃいますね。
Wikipediaで調べると、なかなか面白い経歴の
歌手。
あなたをムキにさせてしまう雰囲気をその人た
ちは醸し出していたのでしょう。怒りも時とし
は必要な感情かもしれません。溜めてしまうよ
りは。
でも、あなたには、穏やかな時間が多くあって
欲しいものです。
2017/10/19 7:43 PM, from しのやん
【さとりんさん】
二人を止めてぇー♪
、ではないです(笑)。
それじゃあ、どうぞお好きなように。
で終わったんだけど、
結果的には、グループの中の高齢のおひとりが理解して
おかげで逆回りに回らずにすみました、って言われたんですけどね。
お若い方が たてつくたてつく(笑)!
災難でしたよ。
別にシンジが優しいわけじゃなくてね、
そーゆうアタシを見たくないだけですよ。
続く雨にうんざりしてたら今度は台風。秋晴れが恋しいです。


2017/10/21 8:58 AM, from 凛はは
【ちひろさん】
グレーの空ばっかりで青い空と海は久しぶりでしたよね。
うれしくなって見晴台に登ったり海岸に下りたり、
そんな水曜日でした。
ねーっ、長谷寺事件、
アタシゃ毎月来てるっちゅうねん!毎月回してるっちゅうねん! ですよ(笑)。
あのね、
シンジのね、優しさとかかっこよさとかぢゃないのっ! 
感動しなくていいのいいの!
感情に左右されてるアタシを見るのがいたたまれないだけですよ(笑)。
愛、とかね、そーゆうんでないのー!
誤解だらけですよ。
10月の鎌倉は長雨でイベントは軒並み中止です。
突然の寒さに骨折しないよに気をつけまーす。ありがとです。

2017/10/21 9:45 AM, from 凛はは
【あきちゃん】
太陽は つかのまだったね。
青がきらきらしてるだけでハッピーだよね。
なのに すぐに雨が戻ってきちゃってうんざりだよ。
最近 長靴しか履いてないよ。
シンジはね(笑)、
ブログを読んでくれてコメントをくれるひとたちの
やさしい誤解に打ちのめされてるよ。
「シンジさんすごいやさしー」ってなってるー。
もうここに出てくるオレはオレじゃないー。
違うシンジが出来上がってるー。って(爆)。

2017/10/21 10:09 AM, from 凛はは
【ミキティさん】
ねっ、
ちょっとイラっとしたのでした(恥)。
ほんっと、みなさんのシンジへの評価が甘すぎて
夫婦共々、恐縮しきりです(笑)。
なんだか違うお話しになってるもーん。
そーですそーです↓
竹林の手前にあるのが経蔵で、
そん中にあるのが輪蔵ってゆう回転式の筒みたいな書架です。
周りにいっぱいある小さいのは、摩尼(マニ)車っていいます。
ちなみに、輪蔵と摩尼車は逆回しですよ。
今日、雨の海は波を目当てにサーファーがいっぱいです。


2017/10/21 10:37 AM, from 凛はは
【しのやんさん】
明日の鎌人いち場も早々に中止が決まり、
この秋の鎌倉のイベントはことごとく雨につぶされました。
夏の長雨も記憶に新しいところですが、
秋も長雨、、、ため息でそうになっちゃいます。
水溜まりが乾く間もありませんね。
気分が滅入ります。
思いがけず唐突に訪れた冬に去年より随分早くコートを出して着ちゃってます。
寒いの、ほんっとに やですー。
朝5時に起きて、やっぱり雨かぁって色々諦めて
Englishman in New York を聴いています。
ただの観光で意味もわからず輪蔵を回すひとを見て、
アタシの中に小さな悪意が芽生えたんでしょうね。
物見遊山でガランガラン輪蔵を回す景色に
なんにもわかってないくせに、なーんて
アタシだって ただの神頼みなのに、苛立ちを感じたんでしょうね。
幼稚ですよね(笑)。
ここでこっそりイジワルを打ち明けたらみんなが
アタシに加勢してくれたのですっかりすっきりして、
うれしくなっちゃったりして。
まだまだだな、と思ってます(笑)。



2017/10/21 11:36 AM, from 凛はは









Serch this site
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
Profile
profilephoto

New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recommend
Recommend
小説サムライ モーツァルトとマイケル・ジャクソン
小説サムライ モーツァルトとマイケル・ジャクソン (JUGEMレビュー »)
水沢美架
文筆家おトモダチの小説デビュー作です。
独特な世界観に圧倒されます。
Recommend
Recommend
Feedlyに登録!
follow us in feedly
シンジのつぶやき
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM