スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
<< 隠れリスを探せ | main | ぱくぱくでニッコニコ >>

涙のガリレオフィガロ

先週末の充実 その2、観てきましたの。

ボヘミアンラプソディ

 

スクリーンショット 2018-11-20 8.18.24.png

 

途中からきっぱなし。

嗚咽になったらどーしよ…ってくらい。

 

もともとすきなひとではあるけど、

ずっとまえからすごくすきだったような気がしてきたりして(笑)

 

カナシイ とか サミシイ とか、いろんな色味のブルーがあるけど

なんてったって「せつない」ってゆうのが揺れるのです。アタシの場合。

「せつない」を感知する涙の貯蔵量が ほかのより多い気がするんですよ。

ちなみに、クヤシイには一滴もなし。

 

クイーンの軌跡、長い映画だけど1分も退屈しません。

えたわー。 

 

 

IMG_1638.jpg

 

KALDI ダックワーズも クリスマス仕様です。

この週末、ツリーを出しました。

 

すっかり寒くなりました。

風邪などひかれませんように。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| マイフェイバリット | 09:42 | comments(10) | - |

スポンサーサイト

| - | 09:42 | - | - |
Comment
まさかの!でした。
意外な人がQUEENファン(笑)。

私も先週観に行きました。
8年かけて作ったそうです。
せつなかったけど、号泣で映画を見終わった後の独特の爽快感とかそういうの全くなくて、ずっしり全身の疲労感が半端なかったけど、日がたつにつれてフレディの存在感と、その周囲の人たちのフレディに対する愛を感じずにはいられない映画だなと思いました。

・・・って、私、熱すぎましたね(笑)。
2018/11/20 7:08 PM, from たいたい
ジャニーズ(シブがき隊)追っかけて洋楽に
目覚めてなかった私がQueenの良さを知るには
遅すぎました
この映画、私の周りの少しお姉様方が
すごく良かったって大騒ぎしてます!!
そんなに良いのですねっ

私の涙のポイントはアイタイかなぁ
アイタイ人がいっぱいいて
ぽろっとしちゃうことがいっぱいあったなー

なんか一気に寒くなりましたねぇ〜
2018/11/20 8:41 PM, from ミキティ
【たいたいさん】
アタシ、、、来日公演、
観てるんです(照)。
でも全く知らなくて、
アルバム作るフレディのエネルギーがパワフルでハッピーで、そこんとこがアタシには新鮮でした。
そして愛されてたんだ、よかったって(笑)。
100年前からフレディをすきだったような気がしてきて
あれから頭んなか、クイーンがエンドレスリピートです。
、、、あら、熱く答えちゃったぢゃないの(笑)。

2018/11/21 2:24 PM, from 凛はは
【ミキティさん】
シブがき隊(ってカタカナ・ひらがな・漢字なんだ!)じゃなくなった
モックンのボトムラインのライブに行ったことあります(照2)。
一時期、むちゃくちゃすきだったときがあるのよね。
映画、すごくよかったですよ。
元来、ミュージカル映画がすきなんです。
ミキティさんの きゅんポイントは「会いたい」なんですね。
アタシはいつでも会えると思ってなかなか会わないひとが多いです。
会いたいは叶えたほうがいいよね。

2018/11/21 2:42 PM, from 凛はは
Queenというロックシーンの一角を飾る
アーティストを題材にした映画なんて、
嘘臭い、と見もしないで勝手に思ってい
ましたが、世の評判は、そしてあなたの
評価はそうではないのですね。見てみよ
うかな。
あの誰とも違う演奏音質と声は、今にな
ると、決して体から抜けることのない毒
のように、体内に残っています。メンバ
ーの風体がバラバラ、というのも好まし
い。高校入学当時、買ってきたバンドス
コアのピアノ部分を何度も弾いていまし
た。ただ、私は彼らの熱狂的なファンと
いうわけではなかったです。
生で聴いた経験があるなんて、羨ましい!
望んでも、もう存在しないのですか
ら、その機会はないわけです。
『せつない』の感度の良さ、それは想像
すると、苦しいもののように思います。
せつない状況は、時が過ぎても解決する
ことのない、不条理とも言える状況のこ
とように思えてしまうので、その状況に
共振してしまうのは、辛いな、と。
Queenのミーハー的ファンだった私の頭
の中では今、『輝ける七つの海』のピア
ノが流れています。

2018/11/21 4:04 PM, from しのやん
何度もごめんなさい。

 >アタシ、、、来日公演、観てるんです(照)。
 >アタシ、、、来日公演、観てるんです(照)。
 >アタシ、、、来日公演、観てるんです(照)。

もうね、え?!と思って、読み直し。
目をこすって読み直し。
確認のため読み直し。
コメントを書く前に読み直し。
5回は読みました。

そんなはずは・・・
だって、だって、来日公演の時って、下手したら生まれてないんj・・・
え?!もしかして、凜ははさん、私と同世代?!(よりは若いか。汗)
と、QUEENとは全く違うところに想いを馳せた私。
2018/11/21 7:45 PM, from たいたい
私も、これを読んでとても驚きました!

凛ははさんとクイーンが結びつかなくて(^^;
この作品、友達にも勧められたので、見に行く予定です。

若かりし頃はクラスの友達の影響で洋楽にはまり、一時はロックやヘビメタも聞いていました。
けれど年を経るごとになんだか疲れてしまって(笑)、クラシック一辺倒になっているこの頃ですが、昨年ぐらいから昔のヒット曲が詰まったCDを聞きつつ、懐かしく、また改めてよさを感じてきています。

凛ははさん、ミュージカル映画、お好きなんですね。
私も映画は大好きなのですが、昔のミュージカル映画、例えばフレッド・アステアとか、オズの魔法使いの時代などの作品も見たりしましたか?
2018/11/23 6:44 PM, from 凛花
【しのやんさん】
なんなんでしょう、
観たいと思ったんですよ。
もちろん、映画だから都合よく作られているとは思いますが、
光と影がバランスよかったと思いますよ。
アタシ、バイセクシュアルを拡大解釈するとこがあって(笑)、
きっと繊細で美しすぎる情緒を持ってる、
みたいに思っちゃうんですよね。
なんだか号泣でした(笑)。
クイーンの音楽はドラマチックです。
決して熱狂的なファンってゆうのじゃないんですよ。何十年も遅れていま、すきになったってくらいです。
来日公演に行ったのも ただなんとなく連れて行かれただけなんです。
映画のフレディマーキュリーがハッピーでチャーミングでした。
「輝ける七つの海」のピアノ、難しそうですね。
せつない、に弱いです。
激しい感情じゃないぶん、反動で起き上がれないというか。
角田光代の八日目の蝉で子供を拐って逃亡していた誘拐犯の女が、
フェリー乗り場で逮捕されるところで
その子、朝ごはん食べていないのって叫ぶんですが、
ここです! 号泣ポイント
あーゆうのに弱いです(笑)。

2018/11/27 5:03 PM, from 凛はは
【たいたいさん】
お返事遅くなりました(笑)!
そーです、
アタシ、、、来日公演、観てるんです(再照)。
クイーンは6回来日公演してるらしいですね。
さて!
Q.凛ははは何年の公演に行ったのでしょう(笑)!?
A.クイーン最後の来日公演です。
ママのお腹の中でフレディの声を聞いたわけじゃないのよー。
生まれてないわけないぢゃないのっ!
たいたいさんよりも
アタクシ、おねーさんだと思いますの。
もし誤解させてたら、なんだかごめんなさい(笑)。

2018/11/27 5:25 PM, from 凛はは
【凛花さん】
あらま、クイーン結びつかないですかね(笑)。
途中から号泣ですよ、できれば音響がいい劇場で鑑賞をお勧めします。
うちはオットがヘビメタなので飲んでたりしてのってくると
かかってる曲は やかましい曲ばっかりです。
音楽で何がすきかって聞かれたら、クラシック。バロックしか聴かないけど。
って答えることにしてた頃がありますが嘘です(笑)。
すきなものを細かく説明するのって恥ずかしいです。
ミュージカル映画がすきみたいです、アタシ。
フレッド・アステアはThat's Entertainment! は むかーし観ました。
クラークゲーブルが出ていたからだと思います。クラークゲーブルが死ぬほどすきだったんですよ。
10代の頃に大昔の映画にハマって古いの2本立てとか観て1日中映画館にいたりしましたよ。

2018/11/29 9:55 AM, from 凛はは









Serch this site
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
Profile
profilephoto

New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recommend
Recommend
小説サムライ モーツァルトとマイケル・ジャクソン
小説サムライ モーツァルトとマイケル・ジャクソン (JUGEMレビュー »)
水沢美架
文筆家おトモダチの小説デビュー作です。
独特な世界観に圧倒されます。
Recommend
Recommend
Feedlyに登録!
follow us in feedly
シンジのつぶやき
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM
Sponsored links